英語メール アイキャッチ
ホーム > 英語メール基本編 > 頭語の書き方

今すぐ使える英語メール文例集【プライベート英語メール編】
英語メールの要素と作成法「頭語の書き方」

「頭語の書き方」 英語例文、英語表現

日本語のメールでいうと「拝啓」や「拝呈」などにあたります。
英文メールにはこれといって改まった表現はありませんが、

Hi! Tom とか

Good Afternoon

などの挨拶で書き出す場合はほとんどです。

「でも実際、上司なんかに書く場合はHi! なんて使わないんでしょう?」
そう思う方も多いかもしれません。
しかし外資系企業、それもアメリカ系だったりすると上司であっても平気でHi!を使います。もっとも上司、ましてや社長といっても自分よりずいぶん年下だったりする場合もしばしばです。

しかしながら国内や海外にいるクライアントの場合は違ってきます。
Hi!ほどのフランクさでは当然失礼なので

Dear Mr. Hosono
親愛なる細野氏

Dear Ms. Govinda
親愛なるゴビンダさん

など苗字で呼ぶことが多いです。
繰り返しますが、外国人のビジネスパーソンは日本では最後に「~さん」をつけて呼ぶんだよ、というのが常識になっているらしく「Dear Minaminaka-san」(親愛なる南中さん)などと書いてきてくれる人が多く、これにはちょっと驚きます。

面白いのが私の苗字を漢字でどう書くのか知っている日本人社員はMinamihara-san, (南原さん)、Minamikata-san (南方さん)などと名前自体を間違っているのに対し、漢字でどう書くのか知らない外国人社員はスペルも間違わずにちゃんと書いてきてくれることです。
また、外国人の名前で注意が必要なのが、韓国人です。
日本と違い苗字の種類があまり多くない韓国ではほとんどがKim-san (キムさん)、Lee-san, (リーさん)かPark-san, (パクさん)です。
たとえば電話でも韓国系のクライアントが数社ある場合、「担当者のパクさん」といっても数人居ることになります。どの会社のどのパクさんなのかクリアにしておきましょう。

ファミリーネームに増してファーストネームも日本人には覚えにくく、よほど韓国に精通している人でない限り、名前を見ただけでは男性か女性かの区別もつかない場合が多いです。
具体的には男性ならミンソク、ミンソ、ミンホ、女性ならヘジン、スジン、ユジンなど、母国語で書くと全然違う字なんでしょうが、アルファベットで書くと似通った名前が多くとてもややこしいです。間違うと「南中」と「南方」の違いくらいの不愉快さを相手に与えますので注意が必要です。


「英語メールの要素と作成法」関連コラム

「頭語の書き方」と同じ「英語メールの要素と作成法」カテゴリに分類される関連のコラムとなります。