【今月のおすすめ】

英語メール アイキャッチ

【特集】スカイプ英会話 Skypeでオンライン英会話!

英会話学習のコツ「少々オーバーなくらいが丁度良い」

少々オーバーなくらいが丁度良い

日本語にはほとんどイントネーションがありませんので、英語を話すときにも平坦になってしまいがちです。そのため、正しく話しているつもりであっても、ネイティブスピーカーには伝わらないということが起こってしまうのです。
正しいイントネーションを学ぶためには、とにかく英語を聞いてそれを真似して喋ってみるということが効果的です。
イントネーションに意識して英語を聞いてみると、日本人にとっては少々オーバーに聞こえるかも知れません。しかし、それが正しいネイティブの話し方ですので、恥ずかしがらずにイントネーションをオーバーにつけるくらいで丁度良くなるはずです。

スカイプ英会話スクールでも、ネイティブスピーカーの講師を選び、レッスン中の講師の話し方を真似してみましょう。レッスンは録音しておいて、いつでも聴けるようにしておくと便利です。
最初はオーバーなイントネーションに違和感を感じるかも知れません。しかし、毎回口に出して身につけていくことで、より自然に話せるようになってきます。

発音も同様に、正しい発音を耳で聴いて覚えて必ず口に出して練習するということが大切です。日本語の発音では使用しないような音もありますし、口の動かし方、唇の使い方なども違ったりします。
スカイプ英会話スクールでは、ビデオチャットを通して講師の口の動かし方も確認出来ますので、CDなどの教材を使用するよりも、より分かりやすくなります。

よりネイティブに近い発音やイントネーションを真似していると、学生時代はよくからかわれたりすることもあったかも知れません。しかし、こういった傾向があることも、日本人の英会話力がなかなか伸びない原因の一つになっています。カタカナ英語が喋れても実際に外国人に通用しないと全く意味がありません。

英会話を身につけたいというのであれば、恥ずかしがらずに正しいイントネーション・発音を積極的に使っていくということが大切なのです。


「少々オーバーなくらいが丁度良い」関連コラム

「少々オーバーなくらいが丁度良い」と同じ「英会話学習のコツ」カテゴリに分類される関連のコラムとなります。

条件でスカイプ英会話を比較する

あなたの目的や条件からスカイプ英会話を探す、比較することが出来ます。


英語メール文例集プライベート編