【今月のおすすめ】

英語メール アイキャッチ
ホーム > 英語メール基本編 > 末文の書き方

今すぐ使える英語メール文例集【プライベート英語メール編】
英語メールの要素と作成法「末文の書き方」

「末文の書き方」 英語例文、英語表現

英文メールにおいて末文とは
" Thank you for your help " とかThank you support as always" などとメールの最後に書いて締めくくるあの部分です。結びの挨拶や、本文(主文)の補足情報などが入ります。
日本語では「今後とも宜しくお願い申しあげます。」や、「謹んでご案内申しあげま。」の部分になりますが、英文メールではもっとフレキシブルです。

私の場合はたいていが" Thank you for your help "で締めくくられていました。
・・・・というのも招聘状を書いたと思ったら上海から来るビジター社員のホテル予約、空港からホテルまでの道案内、切符の買い方、電車の乗り方など仕事はエンドレスに続きます。何度日本に来ても空港から自分が泊まるホテルまでの道のりを覚えるのが面倒くさいのか、そのつど聞けばいいと思っているのか、ある意味フレッシュな気持ちで成田エクスプレスに乗り込んで都内にやってくる学習しないビジターがなんと多いことか!
「1度教えたからもう大丈夫でしょ?」という日本の常識は通用しません。
" Thank you for your help "にso many を追加して欲しいよな、と何度思ったことでしょう。

その他、金曜日だったら"Have a nice week-end!" も頻繁に使いますし、バケーションの時期でしたら" Have a happy holiday" などもよく書きます。
その時々のタイミングにあわせて末文を書くとよいでしょう。

海外にいる社員からもらったメールのこの末文が切れてしまっていたときがありました。
忙しく末文まで書いている暇がなかったのか?意図的にかかなかったのか、
それは用件を書いた文でぶっつりと切れていました。

なんとも表現しがたい後味の悪さ。。

私は末文の威力を感じました。

末文がポジティブなHave a nice week-end!! などと元気一杯だとなんとなくこちらの身体も元気になります。単純ですが末文から元気をもらっている気がするのです。
「これはただの紋切り型な文句じゃないな」と思いました。
Have a nice week-end! なんて学校英語だし、決まりきった文句です。
でも上海にいる、一度も会ったことのない同僚の笑顔が見える気がしたのです。
きっと相手もまだ見ぬこちらを想像しながら書いたのでしょう。

こんなに広い世界中でたまたま同じ時代に同じアジアに生まれ、同じ会社に入ってメールをやりとりする関係というのは確率で言ったら相当に小さいものかもしれません。
しばしメールを読みながらそんなことを考え、次の瞬間にはまた波のように押し寄せてくる仕事に戻る私がいました。


「英語メールの要素と作成法」関連コラム

「末文の書き方」と同じ「英語メールの要素と作成法」カテゴリに分類される関連のコラムとなります。